相談中

資格取得が必要

税理士求人に応募する際は、税理士の資格を持っている必要があります。税理士の資格はどのようにしたら取得できるのか、また試験内容はどんなものかについて説明していきます。

高卒でもなれる

税理士求人を探すには、資格取得が必要ですが、学歴が高校卒業でも受験資格が得られます。その条件は、日商簿記1級の資格取得をすることです。税理士事務所で経験を積むことでも、税理士の試験資格を得られます。

適正診断

税理士になるためには、どのような人が向いているのかも知っておく必要があります。求人を探す前に、自分が弁護士に向いているのか、診断チェックをして確認しておきましょう。

仕事内容を知っておく

法律関係の問題は専門家に相談をしましょう。税理士を大阪で探しているならコチラを利用してみてください。

税金の悩みは税金のプロフェッショナルに相談しましょう。大阪にある税理士事務所ならどんな悩みにも柔軟に答えてくれます。

税理士の仕事は、簡単にいうと税金に関する手続きの代理、また税金に関する相談を受けるなどです。
基本的には、個人企業や中小企業などの税金サポート業務を行っています。
税金には、所得税や法人税、事業税など様々な種類があります。
これらの税金の納税を手助けする仕事として、税理士は欠かせない存在です。

税理士の仕事の1つとして、事業主に代わって、税務署に税の申告を行うというものがあります。
1年に1度ある「確定申告」も、税理士が代理で行うことがあります。
この確定申告は、個人にかかる税金額が決まる大切なもので、必ず行わなければなりません。
事業主によっては、確定申告の時期に忙しく、手続きをする暇がないということもあります。
そういった事業主を手助けして、書類の作成を進めて税務署へ提出という作業を行います。

企業によっては、税金に関しての知識が浅いことも。
そういった企業のサポートをするのが税理士の仕事です。
企業と税理士で契約を結び、毎月訪問して企業側から話を聞きます。
経営を上手く進めていくためのアドバイスをし、企業の経営を手助けする税理士はやりがいのある仕事といえます。

税理士資格を取得し、税理士として働く場合は、会計事務所や税理士事務所などに就職します。
また、土木建築系の企業に就職する税理士も近年増えています。
就職先を探すには、ハローワークを活用する、インターネットの求人サイトを活用するなどで情報を集めることができます。